スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんで ロシア?

そもそも なんでロシア料理なんでしょう。

というか なんで ロシアが好きになったんでしょう。

自分でも 実はちょっと不思議です。

まあ、それなりに 理由はいろいろあります。

一番最初に 料理に取り組んでみたのが たまたま 隣の家に住んでいたヒトが貸してくれた ロシア料理のレシピが たくさん載っていた本 だったこと。

息子が高校生になり 体操部に入ってから 家で、ロシアの体操演技や、バレエ、そして軍隊のパレードなんかばっかり
動画で繰り返し 見ていたこと。

アニメオタクの長女が はまっていたマンガで ロシアのキャラクターが大好きだったこと。

理由というか きっかけはともかく

なんともいえない なつかしいカンジ



別に ロシアで産まれたわけでも 知り合いがいたわけでもないのに。
ソ連時代の雑貨とか、絵本とか、音楽とか

とっても なつかしい

自己流で以前から ロシアっぽい料理を作りながら 
子どもの頃 いわゆる 「洋食屋さん」のメニューって ルーツはロシア料理だったんじゃないかな
って 思ってました

『ハヤシライス』 『カツレツ』 『ロールキャベツ』 『ポテトサラダ』

 決してフランス料理じゃないでしょ?洋食っていっても。

そして今 昭和の頃 町によくあった 『洋食屋さん』 が懐かしいなー。

スパイシーでもなく そんなにコッテリでもなく 
素朴な味付けで あったかい。。

そういうご飯を食べたいんです、食べてもらいたいんです。

いろいろ 大変なことがあったりして、

お腹がすいても 悲しくても 嬉しくても  ちょっと我慢しなきゃいけなかったり。

そういうときは ほっとして

優しくて あったかい 素朴な味が いちばん幸せ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。