スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウクロープ(dill)

暖かい…
を 通り越して すっかり暑くなってますね。

この気温で、自宅のハーブがじゃんじゃん伸びてます。

ロシア料理に 欠かせないハーブのひとつ ディル
ロシア語で、ウクロープ。

魚料理に合う さっぱりとした香りと、ほのかな酸味、風味のハーブです。

去年、タチアナさんから 小さな鉢植えをいただいて お店の窓べで 育てて
大きな鉢に植え替え 夏には 大きな花を次々とつけ
そして、大量の種が飛んで

そこら中から、ディルがでて来たんです。

そして その苗が
またぐんぐん伸びてるんです。


こんなに丈夫なハーブとは思いませんでした。

ボルシチにそえたり、魚料理に、ロールキャベツ、サラダ …

冬の間は 乾燥粉末を 使っていましたが、今はフレッシュです!

お客様の中には ローズマリーや、ウイキョウ(フェンネル)などと間違われて
「好きじゃないから…」
って 避けられてしまわれることも多いのですが…

私的には とても残念。

ローズマリーほど 強い香りではないし、フェンネルほど、甘さのある香りでもなく
どちらかというと ほのかでソフトな香りと酸味は、日本人好みではないかと思います。

ロシア料理って ホントにさっぱり
優しい 味と香りなんですよね。

ぜひ フレッシュディルも お料理と一緒に お召し上がり下さいませ。


気温の変化に対応する エネルギーを チャージして ゴールデンウィークは、
元気いっぱい 遊びましょう(^ ^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。