スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はりねずみと金貨

越谷の桜は まだまだ綺麗!

風に吹かれて ヒラヒラと飛んでる花びらも ありますが、まだ もう少し満開の華やかさを 楽しめそうですね。

もう1日 頑張ってくれないかなー

明日は 楽しみな マトリョミンの体験レッスンです。

さて、そんな今日は

新しい絵本の ご紹介します。


年取った はりねずみが、
森で金貨を拾い
冬支度の為に 金貨で必要なものをかいに 出かけるお話しです。

でも、必要なモノは どこにも売っていません。
その代わり 森の皆んなが 次々に 必要なものを作ってくれたり、分けてくれたり。
結局、金貨は使わないまま きっと誰か必要な人がいるかもしれない
と、拾った場所に戻してかえります。

ロシアでは、「100ルーブルより 100人の友だちを持て」
と言う ことわざがあるそうです。

お金をいくら持っていても 欲しい物がなければ、なにも手に入らない。
それよりも たくさんの友だちと、助け合いながら 分け与え 出来ることを
分かち合いながら 暮らす方が、便利で豊かに暮らせる、という知恵でしょうか。

今の日本だと お金さえあれば
友だちなんて 居なくても 困らないかもしれません。
でも、本当は お金なんて いつ ただの紙きれにかわってしまうかも?

いくらお金をたくさん持っていても、はりねずみのおじいさんみたいに、年取って 一人で冬支度できなくなったら…

別に 社交的な人間だけが 生きていけるわけでもないけど。

でも、最低限 困っている人を目の前にしたら、手を差し伸べる。
ちょっと 出来ることをしてあげる

そういう心があれば、困らないで ちゃんと暖かいベッドで眠れるよ。



絵も 物語も、ホンワカと暖かい 優しい
素敵な絵本です(^ ^)

ぜひぜひ 子どもさんに 読んであげて下さいねー。

チーズケーキも焼けました。


お待ちしております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。