スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同級生が来てくれました。

先週末は、私の中学の同級生が三人 ランチに来てくれました。

嬉しかったなー (*^_^*)

三人とも、都内在住で 仕事も忙しいのに、はるばると休日を使って来てくれたと思うと本当に感謝です。

もう遠い昔の話ですが(笑)
私は、中学を3回 変わりました。

小学校の頃、勉強が全く出来なくて、それだけではなく
何て言うか、生意気で あんまり学校に馴染めなくて…
今、考えると かなり手のかかる面倒な子どもでしたので、当時 住んでいた家の隣の公立中学に入学したら かなり高い確率で 落ちこぼれの
当時で言うところの不良中学生?

うーん、今だったら 中二病かな?

になるのは目に見えてる感じでした(笑)

たぶんそんな事を心配した両親が 私だけ、
姉たちが通う家から徒歩三分の中学をスルーして
電車、バスを乗り継いで
私立の中学に無理矢理?入学させてくれました。

それが、啓明学園っていう キリスト教の、しかも帰国子女の為に作られた学校でした。
当時の啓明は、寮があって小学校から寮に入っている生徒もたくさんいて、ものすごく人数も少なくて、
小学校から高校生まで 一つの校舎!
学校全体がfamilyみたいでした。

今にして思うと すごーく面白く楽しく毎日が本当に幸せに包まれてました(笑)

小学校であれだけ 馴染めなくてひねくれて学校が大っ嫌いな私が 毎日 楽しくて仕方ありませんでした。
学校に通うのだって、楽ではなかったのに。
なんで、あんなに居心地良かったんだろうって考えると

たぶん、先生も生徒も
絶対に人と比較しない。
否定されなかったから…。

あまりにも、産まれ育つ環境が違い過ぎて 個性豊かなので、一々人と比較しても全く意味ないし。
お互いの違いを発見したり、知ることが 驚きと感動、だったのです。
先生も、温かく
例え私が問題を起こしても(相変わらず問題児ではありましたから。)
先ず、じっくりと話を聞いて下さいました。
それから、色々 お話しして
『そういうことする自分って どう思う?』
って ゆっくりと自分で、考える時間をくれるんですね。
絶対に頭ごなしに 否定されなかった。
ゆっくり反省すると、ものすごく自分が恥ずかしい行動してしまったことに気づく。
なんか、そういう時間がゆったりと流れて 一人一人が、尊重され自分はどんな風に 何を学んで どんな人間になるべきなのか。
考える事が出来る学校だったのかな?

中には凄く勉強出来る人もいたし(たぶん) そういう人は しっかり勉強してたみたいだし
私の様に ただ感情のおもむくままに その時を生きている(笑)のも、それはそれで…
皆がちゃんと私の個性を理解してくれてる安心感がありました。

その後 中学2年の途中で、自宅の引越しで転校してしまったので 啓明学園には、たったの一年半しかいられませんでした。
それでも、こんな風に 私が店を始めた事を知って 来てもらえる
逢えば あの頃のようになれるし、
自分らしく頑張ってるね!って認めてもらえる…

涙がでそうに嬉しいことです。

こういう学校が、もっとあってもいいなって。

私の天然パーマの髪、服装、持ち物、ぼーっとしてワンテンポ遅れる行動。
ボンヤリしたゆっくりの話し方。

他人から弾かれない様に 必死に頑張ってる人から見たら、
全部 弾かれそうな要素満載⁈

でも、そんな自分だって ちゃんと認めてくれる先生や、友達がそばにいてくれたから、よーし 怠けてないで、やる時は頑張ろう!
って気持ちになれるんですよね。
ボンヤリしてても、いざとなれば頑張るんです(笑)

長々と語ってしまいましたが。

この新学期、小学校、中学校、高校などなど
新入生になられた方、おめでとうございます。

自由に、自分らしく 生き生きと学校生活を過ごせます様に。
学校なんて、なが~い人生の ほんのチョッピリの時間です。
そのチョッピリが とても大切な人生の種になりますように。
自分を大切に、元気に過ごして下さいね!






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すずらんさま

コメントありがとうございます。
懐かしさで、思わず つまらない昔の話しを思い出してしまいました。

すずらんさんは 今のお友達が 多方面にたくさん!いらっしゃいますからね。
年代 性別 国籍 問わず 共通の趣味を楽しめる仲間がいるって 楽しくて幸せですね!^_^

No title

学生時代のお友達が来てくれたなんて羨ましい~。
残念ながら、私には、そう言ったお友達が一人も居ません。
きっとフェイスブックで探せばいるんだと思うけどね。

又、池田さんの子供時代を想像出来て
読んでいて楽しかったです。
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。