スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調理師免許証

さて、本日は保健所に行ってきます。

昨日、書類を書いて いざ
肝心の調理師免許証がない!

この日の為に 苦労して取得したんじゃなかったんかい!

焦るとなおさら 見つからないのが いつものコト…
ようやく見つけた時には すでに夕方

トホホ…

いっつも こんな調子なんで、まあ。

それにしても、やっとこの証書が活かされる。
カフェ程度なら 一日、役所で衛生管理者の講習を受講すれば済むハナシ。
でも 調理師免許を取ることで いつかはやるんだぞ!
って 自分に自分で言い聞かせてたような感はある。

でも、免許って 車の免許が一番 生活に役立っている。
車の免許を取った時も 私的には 物凄い大変で 取ったからには絶対、乗らなきゃ!って 毎日 手に汗握り
時には徒歩で下見してから、車で出掛けたり(笑)
子ども2人がまだ赤ん坊だった頃の 懐かしい思い出。

でも あの時 頑張って取って良かった。


調理師免許は ちょうど40才を過ぎて ちょっと病気して 入院したり仕事を休んでいた時に取得した。

そんな時じゃないと なかなか勉強なんて出来やしない。

でもこれも 一人では取れるもんでもなく
当時 間借りで弁当屋をやっていた 居酒屋のオーナーが、気持ち良く 承認して下さり すごーく面倒な役所手続きをして 私が試験を受けさせて貰えたのだ。

そう考えると、私って ホントわがままで それを助けてくれる人が居ることが 不思議なくらい。

あー、感謝しなくちゃ

そうそう、免許取ったはいいけど これっぽっちも活かされず、肝心の証書さえ無くしてしまい 履歴書にすら書けないのもあった。
服飾専門学校の教員免許?
要は (洋裁教えます。)かな?
そんなの こちらが教わりたいくらい。

見事に忘れてしまった。

親に食べさせてもらっている間に、なんとなく取得した資格なんて そんなものなのかな?
そんなコトない人だって もちろん沢山居るだろうけど。
もったいないことした。
申し訳ない…。



さてさて、ちょっとドキドキするけど
保健所行って来よう。
スポンサーサイト

良い天気!

今日から、本格的に大学も始まり
一人で朝から作業です。
音楽を聴きながら 店の完成、そして壁に絵が掛けられた様子 お客さんが座っている様子を思い描きながら
照明や、椅子、テーブルのことで頭を悩ませつつ地味に木の桟にペンキを塗ってます。
時どき顔がにやけてしまいながら。(*^^*)

キッチンにも真新しい業務用の冷蔵庫に製氷機!
新しい業務用エアコンだって揃いました!

ギャラリー?

そういえば、
この店の事業計画書を書くにあたって
業務内容に ギャラリーカフェ ってかいちゃったんでした。

ホントのコト言うと、そういうのが理想だけど
ぶっちゃけ ギャラリーカフェなんて どうやったら良いか わかってません(>_<)

でも、なんか勢いで書いちゃったんです(・ω・;) スマヌ

モチロン絵は大好きだし、よく展覧会だとか、見にいくし 知合いにも絵で食べてる人が多いし 娘も美大生、夫も美術印刷の仕事、
姉だって、義理の姉も、その夫も、兄も…身の回り、絵描き、デザイナー
ハッキリ言って 得体のしれない職業の人ばかり。

だから、そうゆうアートっぽいものを
もっと身近かに日常生活に 自然なカンジで紹介したいなっていうかー
色んな人に触れて欲しい みたいな
まあ、偉そうに言ってしまうと そんな気持ちは持っています。

でも、一般的には ギャラリーカフェって もっとロケーションが素晴らしいトコで やるんだろうな、って思う。

この店で 例えば『個展やらせて下さい』
なんて人 いるだろうか?
一週間で壁面のみのレンタル ○○円 とか?

でも、そんなことして仮に すごく妙な空気になったり なんか違うなー、みたいになったら どうしたらいいんだろ?

だったら、私の好きな作家とかアーティストを招待して 展示をお願いする方が楽しいかな?

…でも それじゃお金がかかるばっかりか。

だけど ギャラリーって言っちゃったし

やっぱり、やりたい。

むふふ。

まだ、頼んでないから承知してくれる人が居るかどうかもわからないけど


もし開催できたら(*´艸`)

もー! 考えただけで ワクワク楽しい!

トイレット!

昨日、夜になって どしゃ降りの雨の中
ちょっと店の様子を見にいきました。

な、なんと!
トイレが完成してる

黒いタイル張りの和式便座を、
明るいピカピカのトイレにリフォームしてもらいました。

確か、来週の火曜あたりに トイレが、完成するって聞いてたのに、
半日で完成って、早い!
それにしても綺麗で嬉しい♪( ´▽`)

やっぱり、カフェとかレストランで、トイレが使いづらかったり 居心地悪いのって けっこう印象に残ってて
イメージ悪くなったりすること多い…
ですよね?

実は こんなにも大事な所を見落としてたのです( ;´Д`)

だから本当は、激しく予算オーバー。

でも直さないわけにはいかない….

和式を洋式に変えるのって、予想以上に大変なコト
高くなってる床を撤去して排水管から作りなおすし、電源から洗面台
けっきょくほとんど,基礎から直してもらいました。

狭いスペースで細々した作業。

ホントに大工さんってスゴイ。

なんで床下とか、壁の中とか、目に見えない所までわかるんだか⁈

…って 喜んでいるまでは良かった。

ふと、窓に目をやると

あれ⁈((((;゚Д゚))))))) な、な、なんと。

ボタボタと雨漏り


すごい ショック

ちょうどエアコンを設置する予定の場所だった。
あーあ。

どうしたらいいのかな?
せっかく壁も塗ったのに(*_*)

まぁ、月曜日に大工さんに相談するしかない。
エアコンを取付る前に 大雨降ったらこうなるよ、って教えてくれたんだって思えば 有難いコトですね。

それにしても凄い天気(>_<)

大家さんと。

昨日は、ちょっとビックリでした。

ちょうど大工さんが、仕事を終えて後片づけをしているところ

なにやら、堅気ではないカンジ⁈の方が…
店内を覗くではないですか…

「今度、何できるの?」
大工さんが、
「喫茶店ですよ、」
って 適当にあしらってくれている。


「わー。一人の時じゃなくて良かった~!助かった~」

なんて思って 店の奥から様子をうかがっていると
「いやー、俺 ここの大家なんだけどさ」

えっ⁈ 大家さん⁈

「ちょっとタバコ買いに来たついでに覗きに来たのさ、」
って、お話ししてみたら 案外優しそうな気さくな方でした。
私が勝手にイメージしていた、大家さんのオジサマのイメージとは 全く違う大家さん。
「じゃあ、開店したら来てみっか。頑張ってね!」
って笑いながら帰って行かれました。

わぁー、お会いできて良かった。

でも突然だったから ビックリした。

今日のお仕事

本日は厨房のペンキ塗りでした。

真っ赤!

真っ赤をガーッと塗る快感!
♪───O(≧∇≦)O────♪
楽しかったー!



手とか髪の毛にまで ペンキが着いて スゴイことになってしまった。

壁のペンキ塗り~

今日は朝からザーザー雨。

でも 壁のペンキ塗りをしよう!
厨房は真っ赤にして、その他は漆喰のうすーいピンク。

なかなか思い通りの色とテクスチャが見つからない。

とにかく明るく、元気がでそうな色にしたかった。
カフェっていうと、真っ白い漆喰の壁に天然木の組み合わせ…みたいなのが定番化しているような気がして

まー若い人が、やってるなら そういうのも良いんだけど、
なんか 自分には似合わない。
何て言うか、もうちょっとどーんと構えたいっていうか。
白は色んな色にも染まるし、吸収してしまう色。
私は もう染まらないし(笑)
安心してここで休んで行きなさい。
嫌なもの、重たい荷物は ぜんぶ置いて行って良いよ。
って感じのメッセージを伝えられる雰囲気を作りたいんだよね。
色んな色があっていいし、みんな一緒にいるよー みたいな。

でも娘に、「差し色は一色でいいよ、
そんなに色んな色入れたら、落ち着かないじゃん。」
うん、そりゃそうだ(^_^;)

春休みで、2人の娘が代わる代わる手伝ってくれる。
色んなアドバイスをくれる。

ブログは更新してるの?

まだ、だれにも知らせてないって言ったら怒られた!

何してるの⁈って。

だって、なんだか照れ臭いんだもん。

そんなコト言ってる場合じゃないでしょっ!って もっと怒られた。

わかってるんだけどさ。
何だかなー。

でも 公開しなくちゃ。

ペンキ塗り~

今日はペンキ塗り しました。

手始めに、本棚から…

前のお店では、カラオケのモニターやら、お酒のボトルを並べるのに使っていたのかな?
ちょっと不思議な棚が店内に置き去りでした。
デーンと真正面に構えてて あんまり見栄えの良い物でもなかったので
処分してしまおうかとも思ってましたが。

本や、雑貨を並べる 展示スペースにしようと思いなおしたんです、

ペンキで塗ってしまうことにしました。
今日は、本当ならロシア料理タチアナ先生たちとお花見の予定でしたが
桜の花は満開だけど 霧雨に真冬並みの寒さで お花見は中止。
店内も寒くて 暗くて…

だから
音楽を流して、ストーブをつけて テンション上げて!
こういうの やりたかったんだよねー
なかなか楽しい作業♪


シャビーな感じの展示スペース、出来上がり~!♪( ´▽`)
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。