スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルシチ

料理の中で 最もこだわりたい
って言うか、

みんなに食べてもらいたいのが、
ボルシチ。

これには、むかしからの 私の憧れにも似たビーツという食材に対する 思い入れ?があるんです。
中学生の頃、隣に住んでいたおばさんから、借りた料理本に 載ってたんです。
ボルシチのレシピが。
何だかとっても美味しそうだった。
でも、材料にあるビーツとやらが、なんだか解らず。

それから何十年もたって、缶詰めのビーツが買えるようになった。
「これが!これがビーツか!」
驚くほど鮮やかな赤。
独特の風味。

あれからまた数年して、今では北海道産の生ビーツが手に入るようになり
その調理法も色々とあることも知った訳ですが、
やっぱり私は、ボルシチに入ったビーツが一番,美味しいなー、と思う。

それに 嬉しかったのはビーツの栄養価。
これはもう、食べなきゃダメでしょ!
ってくらい 身体にいいものばっかり。

成人病が心配なひと、血圧が気になってるひと、妊婦さん、ついつい塩分を取り過ぎになってるひと。
ビーツ、食べて下さい♪( ´▽`)

スペアリブをじっくり煮込んでキャベツのピクルスや、色んな野菜を炒めてビーツも一緒に煮こみます。
真っ赤なスープにサワークリームとディルを添えて、召し上がれ。
スポンサーサイト

店舗契約!

今日、ついに契約してきちゃいました。
ドキドキドキドキ

っていっても まだ保険会社の審査とかあって、正式に契約成立したワケじゃなくてε- (´ー`*) フッ
なんて言うか 本気の意思表示を、不動産屋さんにして、書類にサインしてきました。

店舗の契約って、普通にアパート借りるのと違って 、「事業計画書」なんていう モノを事細かに書いて提出しなくちゃいけなかったり、
資金がどんくらいあるか、
何にいくら使うか、どんな商売?
どんな予算?見込みは?

とか、とか、

まぁ、当たり前と言えば 当たり前だけど、細かく計算したりイメージが伝わるように 店のPRなんかも必死にしたりなんかして…
損益分岐点、やら 利益計画、減価償却費etc
聞いただけで眉間にシワが寄ってしまう 小難しいことを考えなきゃ、

でも、本来 すごーく苦手なことですが
何とか書き出してチョットは輪郭がえがけたかな?

これもコンサルタントのお友達が、算数の苦手な小学生にもわかりそうな程
、懇切丁寧に最もシンプルにして説明して下さったおかげです。
助かったー(≧∇≦)
ありがとう(^_^)山田さん。

そして 山田さんは、
「でも事業計画に一番大切なのは
情熱だよ!
10年後の自分が、どうありたいか。
事業をはじめることが目標じゃない、はじめてどんな夢を実現させるかなんだ!」
って熱く語ってくれました。

本当にそうだ。
まだ今の段階では、目先のことでいっぱいになってる。
でも私の夢はまだまだ先にある。
これから育てていくんだ。

でも、こうやって夢に近づけたのも
友達や子どもたちも応援してくれて
なんと言っても旦那さんが、
「楽しそうじゃん」
って言って 協力してくれることになって!
そのことが 何と言っても嬉しいありがとう!みんな

この幸運の波に乗って、出来る限りの知恵を絞って楽しもう
みんなが幸せになる 楽しい店、作るぞ!

これからのこと

今週中には 契約にいくつもりです。

そ、まだ 物件を押さえてないんですよ(^_^;)

もう 後には引けないカンジなんですけど、 まだ もう一人の自分がビビッてます。

あそこで 本当にいいのか?
あんなところで 本当に誰かきてくれるのか?

あーでもない、こーでもない
ウジウジしている毎日、、、

でも あの建物の真四角なカンジ。
店の程よいスペース、広すぎず、狭すぎず。
お店の後ろとか 前にも 少しだったら車も停められる。
駅からだって 歩けない距離じゃないよね?

窓が少ないっていうか ほとんどないのが とっても残念なんだけど 
本当は 日当たりいいんだよね。

お店の前にプランター置いて お花 咲かせようっと。

通りの向かい側は でっかいファミレスと カラオケ。
斜め向かいは ドラッグストアにコンビニ。
国道沿いだから 車は多いけど 歩行者はそんなに多くない。

いい場所なのか 良くないのか

でも 良くても悪くても 私には ここしかない。。 気がする。

テーマ : 店舗設計
ジャンル : 就職・お仕事

カフェのメニュー

なんか、身体に良くて 美味しいもの
食べたいなー
なぁんて いっつも考えるわたし。

食いしん坊ですね。

さて、
お店のメニューですが

まず、ピロシキは外せません。

ピロシキってロシアの人にとって、日本のオニギリみたいな感覚だって 何かで読んだことがあります。
そう考えると 納得です。

だから、中の具材は種類は豊富だけど、肉なら肉、じゃがいもなら じゃがいも。
シンプルなんだそうです。
そして○○ピロシキってちゃんと中身を知らせる

ちょうど 梅おにぎり、シャケ、おかか みたいな感じ。

お母さんが台所で生地をこねこねして、ちょうど手に持って食べられる大きさに丸めて焼いて

パン屋さんで たまに売ってるピロシキ。
いろんな具材が混じり、ミートソースみたいな味や、カレー味
そういう惣菜パンとは ちと違うんです。

わたしの店のピロシキは、お母さんのオニギリ的な感覚で、シンプルな具材をシンプルな味つけで、ひとつひとつ 焼き上げようと思います。

モチモチ ずしっと 美味しいよ(^_^)


カフェ

私のお店、
それは カフェです。

どんなカフェかって言うと

お料理は、 ロシア料理。
毎朝、ピロシキを焼き上げ 日替わりランチをご用意します。

コーヒーは、味の安定した新鮮な豆を、選んで その場で挽いて 一杯づつドリップいたします。
それが一番 おいしいと思います。

それに壁面や棚には、私のお気に入りの本、雑貨、そして作家さんの作品を展示したミニギャラリー。

そしてなんと言っても 楽しみなのは
毎月 あるいは不定期に
体験ワークショップや各種イベントを開催します(^_^)

はじめまして

自己紹介 いたします。
わたしが、店主のちょーちゃ(おばちゃん)です。
これからデビューのわたしのお店をじっくり、ゆっくり
そして隅々まで、紹介させていただきます。

どうぞ よろしくお願いいたします。

続きを読む

sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。