秋の気配…

秋っぽい空気 すごい涼しい!

温かいボルシチや、コーヒーが美味しい季節ではないですか!

そして どこか ふらりと出かけたい気候ですね~

まだ 学校は夏休みなんですね!ステキ!

この際
宿題も新学期の準備も放り出して ひと足早く 秋を見つけに 山だの川辺だの…
ちょっと 自然の中に行ってくるべきですね!

なぁに、長い人生で どちらが大切か 考えてみたら 今しか体験出来ない事の方がずっと重要に決まってます。

私だって、もう45年も前だけど、夏休みの宿題やらなくて どんな罰を受けたかは ちっとも覚えてないけど

トンボが紅く色づいて 空が高くて めちゃくちゃ空気や雲が綺麗で
あまりにも美しく 涙が出そうな程だった八ヶ岳の景色は 今も鮮明です。
子どもだったけど、こういうのが 大自然!こういうのが幸せなんだ!
って 感動したのは覚えてますからね。

机の上の勉強は
大変だ!今の自分に必要だ!って 思った時に 必死にやれば 間に合うもんでしょ。
大抵はね。

なんちゃって…

そんな おばちゃんの屁理屈は どうでもいいですが。

もう そろそろ 来月の予定をお知らせしないといけない時期なんですが。

実は、来月 長期のお休みをいただきます(;^_^A
それで、ワークショップもほんの少し。


9月のワークショップ予定

5日 マトリョミン レッスン
11時からと、12時45分から。体験も可
ワンレッスン ¥2500

9日 フラワーアレンジ
14時から、お茶とお菓子付きで ¥2500

今回は多肉をガラスの器にアレンジ。

インテリアを選ばない シンプルでおしゃれなアレンジだと思います。


そして 誠に勝手ながら 12日から30日まで お休み致しますm(_ _)m
また その間の事は じっくり ゆっくり ご報告致しますです。


あー、
それから もうひとつ ご報告です。

いつも ペチカでリィーディングをしてくれるAYANOさんが、イラストレーターのたけいみきさんとコラボして

来年の手帳

「あなたがキラキラ輝ける魔法の手帳」

っていうのを 発売したんです!

ハードカバー、12月はじまり
マグネット開閉、B6サイズ
税込み1944円です。

種類は4種類
・ピンクのメリーゴーランド
・ブルーの青空
・グリーンの鳥と羽
・白のコスメ

なんと それぞれのカラーによって AYANOさんがメッセージ&エネルギーを籠めてあるんですって!
ひとつひとつのページにも 魔法メッセージが入っています。
ペチカにサンプル置いてあるので、是非 手にとってご覧下さいね。

今は 都内の数ヶ所のみ 販売されているとの事、ペチカでも予約受付します。

第1弾は 9月初旬に届きます。

キラキラ、可愛いデザインですねー。
使い勝手も良さそうですよ。

ではでは~ ♪(´ε` )




スポンサーサイト

東京バラライカ アンサンブル

昨夜は、ロシアの風にふかれて来ました(笑)



去年、偶然の出会いから知った 東京バラライカ アンサンブル

今年は お友達のchikuwaちゃんと 行って参りました。

素晴らしかったです。

ホントにロシアに広がる秋空の風にふかれたような…
儚く、なんとなく 物哀しい だけど美しく。

chikuwaちゃんも、しきりと
「なんか切ないね~ 不思議だね~ 」
って言ってました。

バラライカの音色って せつなくて 美しくて だけど 力強く ホントに不思議。
ドムラとか グースリとか 滅多にお目にかかれない楽器の音色に 癒され 元気をもらって来ました。

帰りは 凄い人混みをかき分けながらも、お土産に いかにもロシアなパッケージの クリスマスチョコレートの詰め合わせを 買って帰りました。



かわいいでしょ?(笑)

何かのイベントの時に 皆さんにプレゼントしたいと思います。



トークショー

昨夜、荻野恭子さんの『ロシアの保存食』刊行記念トークショーに、いって参りました。

手ぬぐい展が始まったばかりだし
少々 疲れ気味、帰りが深夜になってしまう…
行きたいけど、どうしよ…

朝から夕方まで 悩んだあげく

やっぱり 行ってしまいました。

代官山なんて 何年振りかしら⁉︎
日本じゃないみたいに メチャメチャお洒落。
いや~ これが 今の東京なのね~
なんと田舎モンの私。

憧れの代官山 蔦屋書店。

もー、二泊三日ぐらいしたい程 素敵。
ずっと 立読みし続けたい(笑)

やっぱり行って良かった!


荻野恭子先生の作って下さったロシア料理を、試食しながら
20年間 ロシアと、その周辺の国々の主婦たちから 直接学んだ 家庭料理の数々。
よくぞここまで 研究して下さった!
ノーベル賞ものですよ、私的には。

ロシアでの年間を通した生活と 食文化。
様々な経験から おっしゃる
今の日本に必要でしょ?

って言葉
ものすごく共感します。

私も そんな気がするんです。

ロシア料理の良いところ、
決してレストラン料理ではない、フランス料理のように 気品高く 職人技の料理ではない。
今ある食材、今日 家にあるもので、
工夫し、作る 生活そのもののご馳走。

日本だって それが家庭料理では 当たり前だったはずなのに。
いつの間にか 冷蔵庫などの家電が便利になり、加工食品、調味料が物凄い勢いで種類を増やし 調理器具から、なにから
あまりにも便利過ぎて
いつの間にか 家庭料理が、家庭料理らしくなくなってしまった気がして。

目の前のコンビニで なんでもかんでも おふくろの味定番の 肉じゃがだって買えちゃう。

違う、ちがう。

もっと おふくろが 威張って
私のスープは 誰よりも美味しいよ。
これ食べれば 風邪なんて すぐ治っちゃうよ。
って、ただのあり合わせを煮込んで 塩で味付けしただけのものを、堂々と食べさせる。
なんか 細かい事 グタグタ言わないで、どーんとした感じ。

そういう なんか 勢いみたいなモンが、やっぱり 今の日本のお母さんたちに 必要って気がするんです。

荻野先生は、自然と寄りそった生活
って、何度もおっしゃってました。

ロシアみたいに、厳しい冬が長く 野菜だって 夏の間にしか育たない。
凍りついた地面、そんな大自然の中で 自然に寄りそって 食する。

野菜だって育つ時期や、環境があるわけで、それ以外の季節は 食べる我々が工夫して 貯蔵なり 他の食材で賄う。

知恵と技術を 食べる一人一人が 持っていなくちゃだめだよね

何となくだけど、今まで頭にあったモヤモヤが、
私がロシア料理、ロシアのお母さんや、おばあちゃんに 惹かれる意味が、
スッキリと見えたようなトークショーでした。
そして、きのこ狩りなどのエピソードは、楽しくって 素敵な人柄に 実際にお逢いして 益々 惹かれるのでした。

やっぱり 家庭料理って 良いですよね。
(*^^*)


掛川旅行

土曜日、お休みいただき 遊んできました。

静岡県の掛川まで 行ってきました。

ウチの末娘の 卒業記念?
という名目で…

娘も私もずっと 行ってみたかった 『掛川花鳥園 』沢山の花と鳥がいっぱい飛んでる中で 鳥と遊べるという…


とっても楽しかった(*^^*)

まさか、フラミンゴが手からエサを食べてくれるなんて!
すごく珍しい鳥が 普通に 手乗りインコみたいに すりすり近寄ってきて もう感動モノでした。
鳥好きには ホント 楽園でした(笑)

それから、掛川城のある駅前まで来て もう一つ 行きたかったトコ。

静岡と言えば、静岡おでん!

本場の味を食べなくちゃ、ってことで
『駄菓子屋 すいのや』さんで 思う存分
おでん 食べました。

と、言っても お会計は たったの千円。

ここも感動モノでした。

駄菓子を買いに来た子供や、おでんを買いにくる近所のおばちゃん、
店内で、おでんをつまみに飲むおじさん。
でっかい鍋で、グツグツ煮込まれたおでんを前に、忙しく動きまわる優しいおばあちゃん。
はじめて訪れた場所だけど、まるで故郷に帰ったみたいな 懐かしくあったかい場所でした(*^^*)

そして そして…

https://m.facebook.com/malsbarjapan?_rdr

私の専門学校の時の友達の店を訪ねました!
ドキドキ…

フェイスブックで、つながってはいるけど、実際に会うのは、もう 25~6年ぶり?
びっくりさせたいのと、どうやら近ごろ 体調が思わしくない様子だったので、気を使わせないで チラッと顔だけ見れたらいいなと、思って
なんの連絡もしないで行きました。


この、フォトドーム 渡したかったしー

心配していたより、今は体調も落ち着いているのか 以前と変わらなく 明るく楽しく 面白く迎えてくれました。
ダンナ様も、超 楽しい人。

元TV局で働いてたダンナ様 MichaelJacksonや、Stevie Wonderとのツーショットの写真とか見せてもらって
ウチのダンナさんや、娘も びっくり。
(((o(*゚▽゚*)o)))


調度 この日の夜は、月に一度のDJ ダンスパーティーの日でした。

せっかくだし!
たまには ガンガン飲んで遊びたい!
とは思うものの、気持ちに体力が着いて来ない(T_T)
彼女のお勧めの 嬬恋の温泉にゆっくり浸かったら、もう 睡魔に勝てない…
(-_-)
大人しく ホテルでグッスリ。
あー、考えてみたら 残念すぎるー(T_T)

と、後悔していたホテルでの朝
彼女から電話 (´・_・`)
お勧めカフェに連れて行ってくれるとの事!

http://www.road33.net/info.html

さすが!
凄いステキなカフェでした。
もう 別世界!
説明のしようがないと言うか…

友だちに感謝です。
(*^^*)
何十年ぶりに、しかも突然に来ても
体調 悪くても 相変わらずのセンスの良さと さりげない おもてなし。
短時間に 掛川のステキな魅力を伝えてもらって 本気で将来は 掛川に住みたいねー。
なんて思ってしまいました(≧∇≦)

また、必ず遊びに行こう。。。



同級生が来てくれました。

先週末は、私の中学の同級生が三人 ランチに来てくれました。

嬉しかったなー (*^_^*)

三人とも、都内在住で 仕事も忙しいのに、はるばると休日を使って来てくれたと思うと本当に感謝です。

もう遠い昔の話ですが(笑)
私は、中学を3回 変わりました。

小学校の頃、勉強が全く出来なくて、それだけではなく
何て言うか、生意気で あんまり学校に馴染めなくて…
今、考えると かなり手のかかる面倒な子どもでしたので、当時 住んでいた家の隣の公立中学に入学したら かなり高い確率で 落ちこぼれの
当時で言うところの不良中学生?

うーん、今だったら 中二病かな?

になるのは目に見えてる感じでした(笑)

たぶんそんな事を心配した両親が 私だけ、
姉たちが通う家から徒歩三分の中学をスルーして
電車、バスを乗り継いで
私立の中学に無理矢理?入学させてくれました。

それが、啓明学園っていう キリスト教の、しかも帰国子女の為に作られた学校でした。
当時の啓明は、寮があって小学校から寮に入っている生徒もたくさんいて、ものすごく人数も少なくて、
小学校から高校生まで 一つの校舎!
学校全体がfamilyみたいでした。

今にして思うと すごーく面白く楽しく毎日が本当に幸せに包まれてました(笑)

小学校であれだけ 馴染めなくてひねくれて学校が大っ嫌いな私が 毎日 楽しくて仕方ありませんでした。
学校に通うのだって、楽ではなかったのに。
なんで、あんなに居心地良かったんだろうって考えると

たぶん、先生も生徒も
絶対に人と比較しない。
否定されなかったから…。

あまりにも、産まれ育つ環境が違い過ぎて 個性豊かなので、一々人と比較しても全く意味ないし。
お互いの違いを発見したり、知ることが 驚きと感動、だったのです。
先生も、温かく
例え私が問題を起こしても(相変わらず問題児ではありましたから。)
先ず、じっくりと話を聞いて下さいました。
それから、色々 お話しして
『そういうことする自分って どう思う?』
って ゆっくりと自分で、考える時間をくれるんですね。
絶対に頭ごなしに 否定されなかった。
ゆっくり反省すると、ものすごく自分が恥ずかしい行動してしまったことに気づく。
なんか、そういう時間がゆったりと流れて 一人一人が、尊重され自分はどんな風に 何を学んで どんな人間になるべきなのか。
考える事が出来る学校だったのかな?

中には凄く勉強出来る人もいたし(たぶん) そういう人は しっかり勉強してたみたいだし
私の様に ただ感情のおもむくままに その時を生きている(笑)のも、それはそれで…
皆がちゃんと私の個性を理解してくれてる安心感がありました。

その後 中学2年の途中で、自宅の引越しで転校してしまったので 啓明学園には、たったの一年半しかいられませんでした。
それでも、こんな風に 私が店を始めた事を知って 来てもらえる
逢えば あの頃のようになれるし、
自分らしく頑張ってるね!って認めてもらえる…

涙がでそうに嬉しいことです。

こういう学校が、もっとあってもいいなって。

私の天然パーマの髪、服装、持ち物、ぼーっとしてワンテンポ遅れる行動。
ボンヤリしたゆっくりの話し方。

他人から弾かれない様に 必死に頑張ってる人から見たら、
全部 弾かれそうな要素満載⁈

でも、そんな自分だって ちゃんと認めてくれる先生や、友達がそばにいてくれたから、よーし 怠けてないで、やる時は頑張ろう!
って気持ちになれるんですよね。
ボンヤリしてても、いざとなれば頑張るんです(笑)

長々と語ってしまいましたが。

この新学期、小学校、中学校、高校などなど
新入生になられた方、おめでとうございます。

自由に、自分らしく 生き生きと学校生活を過ごせます様に。
学校なんて、なが~い人生の ほんのチョッピリの時間です。
そのチョッピリが とても大切な人生の種になりますように。
自分を大切に、元気に過ごして下さいね!






sidetitleリンクsidetitle